スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 クスィーガンダム ep5

サフ1回目です。
メカサフ・グレーです。

案の定、パーティングラインが少し残っていますので、処理します。

IMG_1152.jpg
スポンサーサイト

1/144 クスィーガンダム ep4

バックパックは、形状がイメージが違っていたので、プラ板にて修正しました。

IMG_0994.jpg

肩から伸びるスタビライザーは、本体への接続を含めて、後はめ工作しました。

IMG_0998.jpg

主な改修は終わったので、組み上げてみました。
手首は、元々の手首から海外製の可動指に変更しています。

IMG_0999.jpg

ここから、サフ吹きしていきます。


1/144 クスィーガンダム ep3

パーツの表面処理中です。

丸一パーツは、ディティールが甘いので、コトブキヤの丸モールドに差し替えます。
厚みがあるので、接着面で位置が合うように削りました。

IMG_0282.jpg

1/144 クスィーガンダム ep2

少し、進みました。

IMG_0079.jpg

ソール部の黄色の箇所が、途中で切れているため、0.3mmプラ板にて延長しました。
踵上は、キットでは、ディティールがあるのにパーティングラインで修正できないため、一度埋め、
プラ板で再生しました。

IMG_0083.jpg

襟の部分は、段差がないので、切り取り、プラ板で段差を作製しました。
クスィーの特徴である胸部の突出しでも単なる資格のパーツの場所も、同様に段差を表現しました。
先端の赤いパーツは、立体感を出すために裏表逆に使用しました。

IMG_0084.jpg

首裏の肉抜き穴は、プラ板にて蓋をしてます。

IMG_0086.jpg

腰のアーマー部は、ポリキャップを使用してないため、プラプラです。
ポリキャップを内蔵しました。また、左右を切り離して独立可動にしました。

IMG_0088.jpg

手首のパーツの再現度が低いので、別のパーツを移植のためにポリキャップを好感しました。

1/144 クスィーガンダム ep1

海外製のクスィーガンダムです。
プラモデルなので、今製作しているガレキよりもパーツの合いが格段に良いです。

ディティールアップ位に留める感じで製作していきます。

IMG_9335.jpg
IMG_9336.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。