スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RE1/100 ナイチンゲール ep7

ガンダムA連載のナイチンゲールは、母艦に収容時にウイング(?)は、後方に収納されてます。
ボークスのABSジョイントを使用して可動にしました。
フレームだけなら、十分強度があったのですが、外装をつけるとプラを使っているとは言え
ヘタりました。
色々解決策を模索しましたが、可動部分の下にストッパーを入れる方法で解決。

IMG_1102.jpg

フレームのみの可動だと、こんな感じです。

IMG_1096.jpg

IMG_1098.jpg


スポンサーサイト

1/144 クスィーガンダム ep4

バックパックは、形状がイメージが違っていたので、プラ板にて修正しました。

IMG_0994.jpg

肩から伸びるスタビライザーは、本体への接続を含めて、後はめ工作しました。

IMG_0998.jpg

主な改修は終わったので、組み上げてみました。
手首は、元々の手首から海外製の可動指に変更しています。

IMG_0999.jpg

ここから、サフ吹きしていきます。


RE1/100 ナイチンゲール ep5

キットにはありませんが、ガンダムエース漫画版には、腹部にメガ粒子砲があります。
今回再現したくて試行錯誤してました。
それとは、漫画では、2Dの誤魔化しでできるのですが、立体物だと、スペースがありません。
下面の可動を再現して、股間アーマーも可動ギミックを仕込みました。
それでもスペースが確保できないので、メガ粒子砲も可動を仕込んで未発射時には、
通常の形状を再現してます。

発射状態です。各パーツが可動してます。

IMG_0988.jpg

IMG_0987.jpg

収納状態です。
形状破綻してないと思います。
上面のダクトは、ビルダーズパーツに置き換え内側から出るようにしました。

IMG_0993.jpg

動力パイプは、アルミ線+スプリングパイプ+MGザク動力パイプに置き換えました。
電撃作例のようにたるみも持たせてます。

IMG_0985.jpg

股間パーツの可動ギミックです。

IMG_0979.jpg

IMG_0980.jpg

IMG_0982.jpg

RE1/100 ナイチンゲール ep4

パーツが大きいのでヒケの処理です。
肩アーマーには、斑穴があるので、開口しました。 

IMG_0950.jpg

ビームライフルは、初期画稿のものも似合うと思ったので、追加注文しました。(ver.Ka用)
右側のパーツについては次の記事にて・・・・。

IMG_0952.jpg

1/144 クスィーガンダム ep3

パーツの表面処理中です。

丸一パーツは、ディティールが甘いので、コトブキヤの丸モールドに差し替えます。
厚みがあるので、接着面で位置が合うように削りました。

IMG_0282.jpg

RE1/100 ナイチンゲール ep3

IMG_0114.jpg

雑誌の作例で指摘されているように脚の開きが狭いので、足首の関節部の内側を削って開きを大きくしました。

IMG_0120.jpg

合わせて、内側の脛のパーツを干渉しないところまでカットしてます。
また、鳥脚の再現のため、膝関節を削って脛のアーマーが干渉するので形状修正しました。

IMG_0118.jpg

修正結果、ここまで曲がり、長く見える脚を短く見せてます。

IMG_0123.jpg

股関節のアーマーは、先端の形状が画稿と違うので、プラ板+ポリパテで修正しました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。