スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG トールギスⅢ ep3

メガキャノンとシールドの加工しました。
とりあえず、全身の表面処理は完成。

IMG_1266.jpg

シールドのC面は、シャープに加工し直してます。

IMG_1268.jpg

先端は、ダルダルエッジなので、少し切り落としてプラ板でシャープにしました。
ヒートロッド先端部は、定番工作で尖らせてます。

IMG_1271.jpg
スポンサーサイト

MG トールギスⅢ ep2

肩装甲のガード部のC面を削ってシャープ化。

IMG_1257.jpg

バックパックのヒケとパーティングライン処理です。

IMG_1260.jpg

帰宅してからの数時間だとこんな感じですね。

MG トールギスⅢ ep1

期間が空いてしまうと、なかなかモチベーションを維持できなくて結局放置になってしまう事が多々。
できる限りデイリー更新を今回は、目指して、寄り道します。

素材は、プレバン トールギスⅢです。昨日今日で、ここまで進みました。

IMG_1239.jpg

表面処理をしてヒケを埋めつつ、パーティングラインを処理しながら、とりあえず組んでいきます。

膝裏とかは、意外と目立つのでしっかり処理。

IMG_1251.jpg

バックパックとの接続部は、肉抜き穴があるので、エポパテで埋めました。

IMG_1247.jpg

フロントアーマー及びサイドアーマーのC面は、個人的にだるく感じたので、エッジを効かせるようにしました。

IMG_1252.jpg

定番の額の黄色いパーツは、エッジを尖らせました。

IMG_1255.jpg



RE1/100 ガンダムMk-Ⅲ ep1

腕の付け根が前にしか振れない為、胸を張ったポーズや怒り肩のような素立ちポーズが決まりませんので
プラサポを使用して可動軸を変更しました。
肩を上にあげた際に装甲部が鑑賞するので、電撃の作例の様に切りかいて可動するようにしてます。
首の位置も作例と同じように改造して後方にずらしました。

簡単に書きましたが、限られたスペース内に収めるには、パーツが干渉して苦労しました。

IMG_1234.jpg

IMG_1231.jpg

IMG_1229.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。